実は、法学初学者も多い!!

司法書士試験は、毎年7月の第一週目の日曜日に行われています。
受けるための資格は一切なく、誰でも受験する事ができるのも魅力の一つです。難関試験の分類には入りますが、受験制限がないために合格率が毎年約3%台とかなり低くなっています。試験は、午前の部と午後の部に分かれており、一日で11科目をまわさなければなりません。特に午後は、記述が2問あるので時間配分がとても大切になってきます。
平均的に合格するまで、約3年はかかると言われてます。しかし、最短で5ヶ月で合格された方もいらっしゃいます。しかも、意外と試験に合格されている方で、法学部出身の方ではない合格者が数多くいます。ですから、司法書士を受験すると決意してからゼロからの法律知識を勉強されてもやり方しだいで十分合格できるのです。

独学でも合格できるのか?一日何時間勉強するべき?

私は、基本的に自分で勉強を進めていく方が好きなのですが、独学のデメリットと言えば、最新情報が聞けない、どのテキスト(基本書)を選べば良いか分からない点等があります。その点予備校であれば、カリキュラムを組んで授業を進めていくので、安心感はあります。どちらにしても、自宅での自習が何よりも重要な事は言うまでもありません。独学であれば勉強をはじめる時期によっても変わりますが、試験から一年以上あるのであれば、一日にテキストを何ページ読み進めるかノルマを決めるてやるべきだと思います。もちろん、過去問も解くべきですが、最近では、過去問だけでは合格出来ない問題が多々出題されているので、過去問中心の勉強方ではなく、ベースはテキストで理解することが望ましいと考えます。また直前期になれば、一日使えるだけ勉強中心の生活になるので、体力と気力の勝負です。

© Copyright Clapping Hands. All Rights Reserved.