司法書士の仕事と司法書士になるためには

司法書士とは、不動産の登記や商業登記、供託などの裁判所や法務局に提出する書類の作成を行ったり、法務大臣の認定を受けた司法書士は簡易裁判所における訴額140万円以下の裁判等の代理や相談を行うことができる、法の専門家です。司法書士になるためには、国家試験である司法書士試験に合格しなければいけません。司法書士試験の合格率はわずか3パーセント。狭き門と言えるでしょう。なぜ合格者が少ないかというと、合格者が出すぎないように調整されているというのも理由の一つです。それゆえ希少価値の高い資格ともいえます。この試験には年齢や学歴などの受験制限がないため、幅広い年齢層の人が予備校に通い、司法試験の合格を目指します。

司法書士の仕事の実態と年収

気になる司法書士の平均年収は600万円ほどです。司法書士の仕事の幅はあまり広くないため、どのくらい顧客を獲得できるかが大きなカギとなります。また、業務も登記業務だけではなかなか稼げないのが実態です。なりたての司法書士だと年収が200万円~300万円になることもあります。ただ、最近では日本の高齢化により遺言の作成や相続の相談業務や、後見制度などによる財産管理業務も増えてきています。また、年収アップの手段として独立開業があります。ただし集客力やマーケティング力も必要になってくるため簡単な話ではありませんが、年収1000万円を優に超えている人もいます。そのため、年収の幅は広いといっていいでしょう。
このように経験やスキルで大きく年収が変わるのが司法書士の仕事です。

© Copyright Clapping Hands. All Rights Reserved.